16歳のウォーレン・バフェット

高校3年のときに友人と中古のピンボールを1台25ドルで購入し、それを理容店に置くという商売を始めた。この商売は成功し、最終的には週50ドルの利益を稼ぎ出す。その後、退役軍人にその事業を売却。

16歳のパブロ・ピカソ

父の指導のもとで描いた古典的な様式の『科学と慈愛』がマドリードで開かれた国展で佳作を受賞、マラガの地方展で金賞を受賞。

同年秋、マドリードの王立サン・フェルナンド美術アカデミーに入学。だが、ピカソはアカデミズム・学校で学ぶことの無意味さを悟り、中退。

プラド美術館に通い、ベラスケスらの名画の模写することで絵画の道を求めていった。

16歳のスティーブ・ジョブズ

高校生になったジョブズは、ヒューレット・パッカードの夏季インターンシップで働いていた時に、スティーブ・ウォズニアックと出会う。容姿も性格も正反対だったが、すぐに意気投合。ある時、ウォズニアックの母親からもらった「エスクァイア」誌1971年10月号に掲載されていたブルー・ボックスと呼ばれる装置を使って、無料で長距離電話をかけるというフリーキング(不正行為)の記事を読んだ2人は、スタンフォード大学の図書館に入り込み、AT&T(ベル社)の技術資料を見つけ出して、自分たちでオリジナルのブルー・ボックスを作り上げた。
2人は、この装置で長距離電話をかけまくったという。ウォズニアックは装置を作ったことで満足したが、ジョブズは、当時ウォズニアックの通っていたカリフォルニア大学バークレー校の寮で、この装置を1台100ドルから150ドルで売りさばいた。装置自体は1台40ドル程度で、大いにもうかったようだが、そのうち銃で脅されるようになり、身の危険を感じたジョブズは販売を止めた。

16歳の徳川家康

今川氏から織田氏に通じた加茂郡主・鈴木重辰を攻めた、これが初陣であり、城下を焼いて引き揚げ、転じて附近の広瀬・挙母・梅坪・伊保を攻めた。この戦功により、今川義元から旧領のうち山中三百貫文の地を返付し、腰刀を贈った。

16歳の田中角栄

「理化学研究所の大河内正敏が書生に採用する」という話が持ち込まれ、それを機に上京。だが、東京に着いてみると書生の話は通っておらず、やむなく仮寓先としていた井上工業に住み込みで働きながら、神田の中央工学校土木科(夜間部)に通う。その後、保険業界専門誌の記者や貿易商会の配送員といった職に就いた。
一時は、海軍兵学校入学を目指して研数学館や正則英語学校などにも通ったが、母の病気の報を受けて実業に志望を変えた

16歳のオスカー・シンドラー

国民学校に入学し、さらに実科学校、上級実科ギムナジウムと進んだが、成績証明書の改ざんを行ったことで1924年に退学処分となった。
後に学校へ戻る事を許されたが、クラスメイトから「詐欺師シンドラー」と呼ばれる。
学業優秀ではなく大学進学もあきらめている。

16歳の桜井和寿

高校受験を考える中3になった時、軽音楽部がある高校を選んで受験。
関東高校(現聖徳学園高校)に入学
入学後すぐにできた彼女がキーボード、現在MrChildrenメンバーの中川がベース、田原がギター、桜井がギター&ボーカルでバンド「Beatnik」結成(後のMr.Childrenとなる)。初のオリジナル曲「クリスマスナイト」を製作

彼女ができたことですごく自信になり、
自分の性格や考え方がガラっと変わったという。

「音楽と彼女の二つのことだけを一生懸命やった」

高校1年の時から「プロを目指してやって行こう!」と思い、オーディションにテープを送っていた。

田原と彼女めぐって三角関係になり、中川が仲裁したこともあるという

16歳のタモリ

福岡県立筑紫丘高等学校へ入学。
高校時代は、剣道部と吹奏楽部を両立してトランペット兼司会を担当、アマチュア無線クラブにも入っていて、船の無線通信士にもあこがれた。居合道場]も通い、二段を取得。 ファンだった地元球団・西鉄ライオンズが身売りをしたため、野球への興味を失う。

16歳の田臥勇太

バスケットボールの名門校・秋田県立能代工業高等学校に入学後、即スタメンとなり、3年連続で高校総体、国体、全国高校選抜の3大タイトルを制し、史上初の「9冠」を達成。
人生に影響を与えた本についてインタビューで聞かれた際には、『スラムダンク』を挙げ、高校時代にはバリバリに読んでいたと語っている
全国高校選抜では3年連続でベスト5に選出された。。現役高校生としては史上2人目の全日本候補選手に選ばれた。
高校1年のときの映像

16歳の伊藤博文

吉田松陰の松下村塾に入門する。伊藤は友人の稔麿の世話になったが、身分が低いため、塾外で立ち聞きしていたという。
吉田松陰から「才劣り、学幼し。しかし、性質は素直で華美になびかず、僕すこぶる之を愛す」と評され、「俊輔、周旋(政治)の才あり」とされた。

16歳のアインシュタイン

スイスのチューリッヒ連邦工科大学を受験するも失敗。しかし数学と物理の点数が最高点だったがため、アーラウのギムナジウム(ドイツ語版)に通うことを条件に、翌年度の入学資格を得られることになった。
アーラウの学校の校風はある程度自由が保障されており、さらにこの学校は視覚教育に力を入れていた。言語に障害があったアインシュタインに、この視覚教育はよく合っていた。
この時期に兵役義務を逃れるためにドイツ国籍を放棄している。これにより、以後スイス国籍を取得するまで無国籍となった。

ある晴れた日の昼休み、アインシュタインは学校の裏にある丘に寝転んで空を眺めていた。いつの間にか眠り込んでしまい、不可思議な夢を見た。それは、自分が光の速さで光を追いかける夢であったという。彼は目が覚めると、すぐに思考実験を試みた。これが後の相対性理論を生み出す切っ掛けになったといわれている。