24歳のパブロ・ピカソ

フェルナンド・オリヴィエという女性と同棲を始める少し教養のある女性で、ピカソにフランス語を教えたり、精神的な安定を与えてひたすら絵を描くようにピカソを仕向けました。彼女と暮らすようになってから「青の時代」の表現は影を潜め、ピカソは彼女の美しい裸像や身近な人々の肖像画、彼女の仲間たち、俳優、サーカスの芸人たちを、バラ色を基調とした暖かい色で描くように。

《座る裸婦》

「ばら色の時代」の作品の開始(1905〜1907)

《玉乗りの曲芸師》

《サルタンバンクの家族》

《パイプを持つ少年》

64歳の伊藤博文

韓国統監府が設置されると伊藤が初代統監に就任した。以降、日本は実質的な朝鮮の統治権を掌握した[注釈 3]。

伊藤は国際協調重視派で、大陸への膨張を企図して韓国の直轄を急ぐ山縣有朋や桂太郎・寺内正毅ら陸軍軍閥と、しばしば対立。
韓国併合について、保護国化による実質的な統治で充分であるとの考えから当初は併合反対の立場を取っていた(1907年)。