24歳のパブロ・ピカソ

フェルナンド・オリヴィエという女性と同棲を始める少し教養のある女性で、ピカソにフランス語を教えたり、精神的な安定を与えてひたすら絵を描くようにピカソを仕向けました。彼女と暮らすようになってから「青の時代」の表現は影を潜め、ピカソは彼女の美しい裸像や身近な人々の肖像画、彼女の仲間たち、俳優、サーカスの芸人たちを、バラ色を基調とした暖かい色で描くように。

《座る裸婦》

「ばら色の時代」の作品の開始(1905〜1907)

《玉乗りの曲芸師》

《サルタンバンクの家族》

《パイプを持つ少年》

24歳の吉田秀雄

前年の三月には金融恐慌がはじまっており就職活動は苦戦した。妻子をかかえる吉田は必至に就職活動を行った。

日本電報通信社(現電通)の採用試験では偶然、高校の同級生が試験担当として働いていた。

当時のことを吉田は「偶然を喜んだり久闊を叙している暇なんかない。単刀直入その迫大平に、社長は何という名前か、資本金はいくらだ、仕事はどんな仕事をやっているか、その場で聞いて試験を受けた。」
と述べている。

24歳の中村俊輔

2002年5月、日韓W杯本大会メンバーへの招集が有力視されていたが、当時の日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏の選考基準に合致せず落選。2度目の大きな挫折を味わう。

同年7月、イタリア、セリエAのレッジーナに移籍。レギュラーとして活躍。7得点をあげてセリエA残留に貢献する。

24歳のアドルフ・ヒトラー

徴兵検査の対象年齢から外れた事で隣国ドイツの南部にあるミュンヘンに移住し、仕立て屋職人ポップの元で下宿生活を送った。徴兵検査の義務はなくなったが、逆に期間内に徴兵検査を受けなかった事で兵役忌避罪と、その事実を隠して国外に逃亡するという二つの犯罪を犯した立場となった。
翌年にそれが発覚し、強制送還されるが「不適合」として徴兵されず。

24歳の田臥勇太

2004年9月6日、NBAフェニックス・サンズと契約した。同年11月1日、フェニックス・サンズの開幕メンバーに登録され、日本人として初めてのNBAプレーヤーとなった。
その後、開幕戦を含む4試合に出場した(プレー時間は合計17分、7得点3アシストであった)が、同年12月18日に解雇された。サンズでは後にシーズンMVP、アシスト王になるスティーブ・ナッシュの指導も受けた。同月、ABAのロングビーチ・ジャムと再契約し、NBAへの復帰を目指した。

24歳のカール・マルクス

左派が協力して創刊した新聞『ライン新聞』に寄稿するようになる。
同紙を実質的に運営していた社会主義者のモーゼス・ヘスはマルクスを高く評価し、「まだ24歳なのに最も深い哲学の知恵を刺すような機知で包んでいる。」と絶賛。
10月に当局は『ライン新聞』に対して反政府・無神論的傾向を大幅に減少させなければ翌年以降の認可は出せない旨を通達した。またルーテンベルクを編集長から解任することも併せて求めてきた。マルクスは新聞を守るために当局の命令に従うべきと主張し、その意見に賛同した出資者たちからルーテンベルクに代わる新しい編集長に任じられた。編集長就任の際に書いた論説の中で「『ライン新聞』は既存の共産主義には実現性を認めず、批判を加えていく」という方針を示した。

一方で法律や節度の範囲内での反封建主義闘争は止めなかった。県議会で制定された木材窃盗取締法を批判したり、知事の方針に公然と反対するなどした。

24歳のアインシュタイン

友人のマルセル・グロスマンの父親の口利きでベルンの、スイス特許庁に3級技術専門職(審査官)として就職した。年俸は3,500スイス・フランであった。ここで好きな物理学の問題に取り組む自由がたっぷりでき、特許申請書類の中のさまざまな発明理論や数式を知る機会を得る。

この頃、「アカデミー・オリンピア」を設立した。同じ頃、父親ヘルマンが死去する。

ミラノで埋葬を済ませると、再びチューリッヒに戻り、間もなくしてベルンに移った。

24歳の勝海舟

蘭学修行中に辞書『ドゥーフ・ハルマ』を1年かけて2部筆写した有名な話がある。1部は自分のために、1部は売って金を作るためであった。この時代に蘭学者・佐久間象山の知遇を得た[注 7]。 象山の勧めもあり西洋兵学を修め、田町に私塾(蘭学と兵法学)を開いた[注 8]。