吉田茂の名言・格言

明治時代から昭和時代に活躍した日本の外交官、政治家。

内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)。

第一復員大臣、第二復員大臣、農林大臣などを歴任。

皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎第5舎長。

「吉田茂」の画像検索結果

 

「忙しいと疲れたは自慢にならん。」

「今に立ち直る。必ず日本は立ち直る。」

「三千年、いや四千年生きたい、しかし人は死ぬ。しかし国は行き続ける。」

「大志を抱けば、天下何ものか恐るるに足らず。」

「戦争に負けて、外交に勝った歴史はある。」

幼少期の吉田茂

9月22日に東京神田駿河台(現在の東京都千代田区)に竹内綱の5男として生まれる。

父は自由民権運動の主導者・板垣退助の腹心であったが、茂が生まれる前に反政府陰謀の罪で逮捕される。

母は茂が生まれる前に東京にいた吉田健三(竹内綱の親友)もとに身を寄せて茂を生んだ。
※3年後に吉田健三の養子となる

少年期は義母に厳しく育てられた。

「吉田茂」の画像検索結果

58歳の吉田茂(1936年)

駐英大使に就任する。

駐英大使としてはイギリスとの親善を目指すも、東アジアでの情勢が悪化したことからうまくいかなかった。
また、広田内閣が組閣された際には、外務大臣になるはずであったが軍部の反対に合いかなわなかった。
※吉田茂は英米よりの考えをもっていたため軍部から反対をうけた

親英米の考えを持っていた吉田であったが、日独伊三国同盟には反対であった。

63歳の吉田茂(1941年)

太平洋戦争の勃発。

吉田は開戦直前まで米大使のジョセフ・グルーや外務大臣の東郷茂徳と会談し開戦阻止に動いていた。

日本海軍がミッドウェー海戦(1942)で敗れると、和平交渉のためにスイスに赴こうとするが、直後に日本軍が勝ったこともあり失敗する。

67歳の吉田茂(1945年)

憲兵隊に拘束される。

日本の敗色が濃厚となると終戦策として近衛上奏文に協力する。
しかし、この行為が軍部のスパイに見つかり憲兵に拘束される。

その後、敗戦した日本はGHQの占領下に入るが、GHQからは「反軍部」として信用された。

戦後は東久邇宮内閣と幣原内閣で外務大臣になる。

73歳の吉田茂(1951年)

サンフランシスコ平和条約の締結。

この条約締結は吉田の政治生命をかけたものであった。
この条約により、日本と連合国の間にあった戦争状態を終結させ、日本はGHQの占領から独立する。
また、アメリカとは日米安保条約(旧安保)を結び、日本国内に米軍の駐留を認めた。